FC2ブログ

日本一の馬鹿を目指して

そろそろ本気だす

お腹すいた

一昨日から今日まで読んでた、「深海のyrr」の感想を書く、ちなみに上中下とありまだ下を読めてない、それくらい長い小説だ。

感想は
この小説を書く為に作者はどんだけ人生を犠牲にしたのだろうか、と。
って作者近影に書いてありました、4年か。
作者はこの本を書く為に4年間深海について調べ上げ、そして書いたというだけあってかなり密度が濃い小説となっている。
努力の結晶、マジメな大学生の卒業レポートを物語風にした作品、面白い。
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する