日本一の馬鹿を目指して

そろそろ本気だす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おいしい魚が食べたい

今日読んだのは、佐藤ケイさんの「私立三十三間堂学院」

感想
やっぱ佐藤ケイさんはすごいと思った、キャラや前半の展開は王道でベタベタ、今までみた小説で一番ベタかもしれない、なのに中盤からキャラを生かして個性的なストーリーをうまく作ってる、恐ろしい。
誰でも考えられそうなキャラ、誰でも考えられそうな舞台設定なのに、読んだあとは「佐藤ケイさんしか作れない小説だな・・・」と心の底から思った。
キャラや舞台設定が魅力的なだけで中身がすっからかんなライトノベルがあるが、この小説はその逆と言った感じ、そして中身があるから読み始めた時には「ベタなキャラだなー・・・」って思ってたキャラが魅力的に見えてくる。

面白い。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。