日本一の馬鹿を目指して

そろそろ本気だす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

わっほい!

今日バイト中に、スコラやプレイボーイなどの立ち読み可能でちょっとエロい本ばっかり読んでるいかにも喪男な人が居た。
俺は掃除中で、「早くどかねーかな・・・」って思いながら掃除を続けた。

そのせいで他の箇所はどんどんピッカピカになるのに、その人が立ち読みしてた空間だけ汚いままなの、まるでその人が出す喪男オーラで床が汚くなっていくみたい。

んで、俺は思ったのよ、もし二次元に染まってなかったら俺もああなってたのかなー・・・って。

で、気づいたわけよ、「二次元に逃げてねーで三次元にかまってもらえるよう努力しろよww」
って感じの言葉をよく見るけど、俺みたいな喪男が三次元に傾いても結局モテず、AVと風俗が生き甲斐の男になるだろうなー・・・って。

要するに、俺みたいな奴が努力しようがしまいが生まれた時点で行き着く所はキモオタかエロ親父しか無いんだからほっといてくれ!ってことだ。

そんな事考えながら床掃除をしてた。

いかにも喪男な人は、掃き掃除、モップがけ、ポリッシャー(謎の機械で床を蹂躙するあれ)が終わっても微動だにせず、結局1時間半くらい勃ち読みして帰っていった。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。